ナチュラルドッグフードは子犬にも与えられるの?

 

ナチュラルドッグフードは通販でも人気の高い高品質なドッグフードで、全犬種、ライフステージに対応していることが特徴的です。

 

若い犬はもちろん、高齢の犬にまで幅広く対応しているところも他のドッグフードとは違うところですが、

 

やはり子犬のうちから高品質なフードを与えたいと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

ナチュラルドッグフード

 

まず、ナチュラルドッグフードは生後7か月からすべての成犬に与えられるフードとなっていますので、

 

8か月ぐらいになったら、子供用のフードと切り替えてあげてはいかがでしょうか。

 

子犬の体に良くないというわけではありませんが、成長期には実に多くの栄養素が必要となりますので、

 

子供のうちは栄養価豊富で、高カロリーなフードを与えてあげたいところです。

 

 

そして、子供用のフードはいつまでも食べていて良いというわけではなく、

 

成長期を過ぎても与えてしまうとカロリーや栄養の摂りすぎを招いてしまい、

 

肥満になってしまう可能性もあります。

 

それゆえ、成長期が過ぎたと感じたら、いよいよナチュラルドッグフードに切り替えていくことがおすすめです。

 

 

いきなりフードを変えてしまうとまったく食べなくなってしまうこともありますで、

 

最初はいつものフードを多めにあたえ、ナチュラルドッグフードを少しずつ混ぜていくようにしましょう。

 

ナチュラルドッグフード

 

普段食べていたフードの割合を少しずつ減らしていくことで無理のない切り替えを行うことができます。

 

 

通常のドライフードより少ない量で済むのもこのフードの特徴ですが、

 

食欲旺盛なワンちゃんの場合は物足りなさを感じるかもしれません。

 

そうした場合は茹でた野菜などをトッピングしてあげると満腹感も増しますし、カロリーを抑えることもできます。

 

 

最近は犬もアレルギーになることが増えていますが、

 

その原因のひとつにはドッグフードにアレルギーの原因となる材料が含まれていることもあげられます。

 

 

ナチュラルドッグフードはアレルギーにもしっかり対応していますので、より安心して与えられるのではないでしょうか。