ナチュラルドッグフードの適切な与え方

 

ナチュラルドッグフードを利用する際には、適切な与え方をする必要があります。

 

まずは、1日に与えるべき量をきちんと確認しましょう。

 

これまでに他のドッグフードを与えてきたから、

 

大体どれくらい与えれば良いか感覚的に把握できているので大丈夫だと思う場合も、

 

改めてきちんと体重別のエサの量の目安を確認してみてください。

 

NDFナチュラルドッグフード

 

 

おそらく、予想していたよりも少ない量で済むことに驚く方が多いでしょう。

 

ナチュラルドッグフードは、

 

一般的に販売されているドッグフードとは違って犬の身体にとって無駄な原料が配合されていなくて消化効率が良いので、

 

たくさん与えなくても十分に必要な栄養を摂取させることができるのです。

 

 

ただ、必要な栄養量には個体差もありますし、

 

高齢であったり妊娠中であったりすると変化するものです。

 

ですから、愛犬の体重の変化をよく観察したり、

 

獣医師に相談したりしながら、ベストなエサの量を探っていくことが大切になります。

 

 

ちなみに、栄養は足りていてもお腹の膨れ具合としては物足りないと感じてしまう犬もいるかもしれません。

 

その場合は、慣れるまでは茹でた葉物野菜をドッグフードにトッピングしてエサのカサ増しをして与えるようにして、

 

徐々にトッピングの量を減らしていくと、

 

自然と少ない量のエサでも満足できるようになるでしょう。

 

NDFナチュラルドッグフード

 

食事の量をしっかりと決めたら、次は食事の回数もきちんと決めましょう。

 

 

お皿に1日中ドッグフードを乗せておいて、いつでも好きなときに好きな回数だけ食べられるようにしてあるというのは望ましくありません。

 

人が食事の時間を決めてその時間にだけ食事を取っているように、

 

犬も限られた時間にだけ食事を取らせるようにすべきです。

 

 

1日に1回か2回程度、毎日決まった時間にエサを与え、

 

30分ほど経ったら食事を終了させましょう。

 

 

食べ残しがあったとしても、お皿を置きっぱなしにせずに回収してください。

 

そうすることで、決まった時間に食事を取る習慣がつきます。